我来我网
http://5come5.cn
 
您尚未 登录  注册 | 菠菜 | 软件站 | 音乐站 | 邮箱1| 邮箱2 | 风格选择 | 更多 » 
 

本页主题: [DRAMA]「雨に似ている」Live in Drama Theater May 2002塩沢兼人追悼公演~[128k mp3] [JS+大米盘 自然死] 显示签名 | 打印 | 加为IE收藏 | 收藏主题 | 上一主题 | 下一主题

ycloudy



性别: 美女 状态: 该用户目前不在线
头衔: 恶灵☆退散
等级: 动漫联萌
家族: 萌菌物语
发贴: 242
威望: 0
浮云: 362
在线等级:
注册时间: 2007-12-21
最后登陆: 2014-01-28

5come5帮你背单词 [ coordinate /kəu'odinit/ a. 同等的,协调的,协同的;n. 同等者,同位;vt. 协作,协调 ]


[DRAMA]「雨に似ている」Live in Drama Theater May 2002塩沢兼人追悼公演~[128k mp3] [JS+大米盘 自然死]

本帖被 tprnsm 执行锁定操作(2009-12-26)
JS:http://www.jsharer.com/file/1194966.htm
大米盘地址:http://www.damipan.com/file/12ldJuF.html

中古物。
明日,盐桑九年祭。




[CM][DRAMA][3.23]「雨に似ている」Live in Drama Theater May 2002塩沢兼人追悼公演~


「...and he said "It looks like rain" ...そして彼は言った。"それは雨に似ている"」

原作: 渡辺多恵子
脚色●演出●出演: 緒方恵美
声の出演: 塩沢兼人、岡田さつき、土door仁、柳瀬なつみ

2002年5月2~4日渋谷?クロスタワーホールにて行われた公演が早くもCD化!
声優?塩沢兼人氏の追悼公演としての本公演、初演時にはカットされていた氏の台詞も大幅に加えられました。それにともない台本も大幅に

書き替え、音楽もアコースティックにチェンジ。まったく新しい作品として生まれ変わりました。
16ページのジャケット(表紙、裏表紙=フルカラー?中モノクロ)には、[屏蔽]が満載!緒方さんのコメントはもちろん、渡辺先生のイラスト

?コメントも必見!!
行かれなかった方はもちろんの事、行かれた方もぜひ!あの日の感動をお手元に…。


緒方小姐念的追悼文:

今日は、5月11日です。
 この原稿を書いている、今日です。
 今朝は何となく肌寒いような曇りの日でしたが、さきほどから晴れ間がでてきました。そうしたらあっという間にあったかくなって、羽

織っていたパーカーを脱いでしまった。汗がつつっと背中を伝う。もうすぐ夏がくるんだね。
 昨日、5月10日は、私にとって、生涯忘れられない日になりました。その日の東京は、めっちゃくちゃいい天気! 朝から太陽はしっかり

と顔をのぞかせ、気温もぐんぐん上昇し……そのせいでしょうか、早い時間から、ぱっきりと目が覚めてしまったのです。その前日は秘密

のライブシークレット?ライブ(笑)の最終日だったのに、打ち上げも遅~くまであったのに。なぜかきちんと、定刻通りに。
 カーテンを開けて風を通し、シャワーを浴びて、軽い朝食。ゆったり力強いゴスペルCDが流れる部屋は、昨夜いただいた花束であふれ、

鮮やかな色彩と、やわらかい香りに包まれていました。……なんて気持ちいいんだろ! 絵に描いたような朝の情景。……正直に申し上げ

ますが、ワタクシ、こんな朝を迎えることは、めったにありません。年に2?3回くらいです(笑)。いつもこうだとゲーノージンっぽいの

にねえ、オガタ? と誰に聞かせるともなく呟きながら(アブナイ!)、コーヒーのカップを手に、おもむろにテレビの前に座りました。
 電源を入れようとして、ふと、手がとまりました。なんとはなしに、テレビの画面と目が合ってしまったんです。……黒い黒\い、画面。

吸い込まれるような闇。明るい陽差しに包まれた部屋の中で、そこだけが、急にすっと異空間になりました。
静寂の世界。ぼんやりと浮かぶ、画面の中の自分。それが瞬間、別の誰かに……見えたような気がして、テレビ画面に見入ってしまったん

です。しばらくその闇と向かい合ったまま、動けなくなりました。何かが騒いでる。心のどこかが、ざわめいている。今日はこのままウチ

にいたい。いなくちゃいけない気がする。今日だけは。……なぜ。

 あの方の名前を初めて知ったのは、友達に誘われていった、映画館の中でした。手塚治虫さんの「火の鳥」。お話自体も素晴らしかった

のですが、その主人公の少年の声に耳を奪われてしまいました。澄みきった水のように透明で、さわやかで、ほのかに色気を含んだ声。瑞

々しい、初めて熟した果実のような。
 その「火の鳥」が変わった形で舞台上演されるという噂を聞き、観に行ったのが2回目。大勢のベテラン俳優さんの中でも決して負けない

、まっすぐ届いてくるきれいなオーラが、印象的だった。
3度目はたまたまつけたテレビで。金髪でバラを持ち、独特の美学を持ったシニカルなその役柄は、どうやら悪役らしいのに、主役陣を完全

に喰ってしまっていました。強烈な個性。イッテしまっているようなその芝居、今まで聞いたこともないようなその艶っぽい声に、くぎ付

けにされてしまったのです。
 なんてすごいひとなんだろう……! 心をぐっと、わしづかみにされたその瞬間、決して忘れられないものとして、あの方のお名前は、

私の心に深く深く、刻み込まれたのです。
「塩沢、兼人、さん」
 4度目にお会いしたとき、あの方は先生でした。養成所の、1日だけのゲスト講師。ふらりと教室に入ってこられ、配られたプリントに書

かれていたのは、2編の詩。
「全員目をつぶって。端から順に1人ずつ読んで。1人につき3票、票をあげます。男は女に、女は男に、自分がいいと思ったひとの時にだけ

、黙って手をあげなさい。全員の人気投票の、上位3人ずつにだけ、僕は授業をします。以上」。
 教室内は、騒然としました。当然でしょう。養成所は、学校の延長のようなもの。全員が平等に演技指導を受けられるものと、ほとんど

の生徒が思っているのですから。なのにどういうこと?! ブーイングの嵐の中、あの方は淡々と授業を進め……淡々と教室を去っていきま

した。
「何なのあの人!」「ひどい」「優しいひとだと思ってたのに!」「幻滅!」「信じられない」。負の感情が渦巻く中、私は1人、教室で動

けないままでいました。あの方の本当の強さに。優しさに。信念に。打ちのめされていたのです。
 役者にとって大事なのは、ひとを惹きつける魅力。やりたい人がなるんじゃない、選ばれた人だけがなれるのだ―――研究生には厳しす

ぎる現実です。でもそれこそが事実であり、真実です。そして、自分とひととの差を、素直に感じて取り入れられる、柔軟な感性の必要性

。それがなければこれから先、決して大成することはない。その大切さを、あの方は、きっちり教えて下さった。
 どこの誰が、ひとに嫌われたいでしょうか。タレントならなおさらのこと。人気が左右するでしょう。噂も流れることでしょう。そうな

るとわかっていても、伝えること―――本当に大事なことを伝えてあげられる強さと、優しさを併せもつ大人が、この世の中にいったいど

れくらいいるのでしょう?

 業界の中でもそうでした。お酒を飲み、熱い芝居論を展開し、私たちを叱咤してくれる先輩。飲みに行くたびに泣かされる。そんなあの

方を敬遠する後輩も少なくはなかったけれど、私は、ずっと……同じ事務所だったときも、立ち往生していたときも、1人になった後も、兼

人さんの後をついて回っていましたね。涙と鼻水でぐしょぐしょでも、お父さんのシャツの裾をしっかりつかんで離せない、子供のように


「バカかお前は?」「何で損な道を選ぶんだ」「もっとうまく生きろよ」「自分を大事にしろ!」……
 ……兼人さん。実は私、ずうっと思っていたことなんですけど、あなたにいわれ続けてきた言葉、今こそそのまんま、ぜえんぶお返しし

ちゃいます☆ だって、私には、今しかないんですもん。生意気だっていわれてもいいです! 10年早いっていわれてもいい、―――いえ


 いって下さい。怒って下さい。もう一度、叱って下さい。照れたようなあの笑顔を、見せて下さい。何でもっと、大事にして下さらなか

ったんですか。なぜ。なぜ。なぜ……

 『―――神様。アノ方ヲ地上ココニ遣ワシテ下サッテ、アリガトウゴザイマシタ―――』

 昨日、私の車のエアコンが壊れてしまいました。ウンともスンともいいません。……まったくこの暑いのに! 仕方ないのでそれ以来、

ウチの車はずっとオープンにしっぱなしです。じりじりと照りつける陽射しの中、風が身体にまとわりついてきます。時に厳しく、時に心

地よく。
「お前は珍しいね、こんなにキツイ俺に、なんでまとわりついてくるの?」「それはですねえ、この業界で兼人さんの意志を継げるのは私

くらいだろって、私が勝手に思ってるからですー☆」。短い沈黙ののち、ぷっと吹き出し、けらけら笑いつつうなづいてくれたその笑顔を

―――私、一生、忘れません。
 誰よりも繊細で、誰よりも大胆。神様が乗り移ったのかと思うくらい生命エネルギーあふれるそのお芝居に、私が追いつける日なんて、\n
多分ずっとこないでしょう。
 だけどいつかあなたのそばに逝く時、胸を張って逢える私でいたい。
だから―――私はもうしばらく、地上ここで頑張ってみようと思います。
 塩沢兼人さん。
 希有な才能を持つ唯一無二の方。
 偉大な背中を見せてくれた先輩。
 本当にありがとうございました。

< 徳間書店ボイスアニメージュ?2000年6月発行分より転載 >





明日盐桑逝世九周年。
没有时间去写悼文,于是放上这张追悼公演的drama。
质量不好,不过这张drama现在也基本找不到源了吧。
嘛,虽然大概不会有人下,笑。
大概这里能认识先生的人也基本没有吧?继续笑。


盐泽兼人先生简介:
http://popgo.org/wiki/%E5%A1%A9%E6%B2%A2%E5%85%BC%E4%BA%BA
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BD%E6%BE%A4%E5%85%BC%E4%BA%BA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E6%B2%A2%E5%85%BC%E4%BA%BA


此时此刻,耳机里传来的是熟悉的盐桑的声音。

「一年だけの自由をお前にやろう。
行って…お前はすでに、異邦人なのだと…その目で、その体で確かめてこい。
私は、ただ待っていよう。…その時を。お前が真に私のものになる、その時をな…」

IASON。最初时刻人工生命体无机制的冰冷声音,变为了感知人间爱憎有血有肉的声音,吐息间情感流露。但却仍然,高贵而孤傲。
是先生赋予了这个角色以如此鲜明的印象。

间之楔,是最早让我开始接触并进而迷恋上先生的作品。
虽然讽刺的是,当时他已与世长辞。

即便如此,余音绕梁,不曾相忘。


风停了。
空气安静得近乎透明 。
亘古不变的恒星在夜空中闪烁。
凝视着这个世界。
凝视着所有的世界。


——《画饼充饥间之楔》 BY Claudia

2000年5月10日0时54分 盐泽兼人 卒于东京西新宿东京医科大学病院


[ 此帖被ycloudy在2009-05-09 01:36重新编辑 ]
本帖最近评分记录:
  • 浮云:20(elenlasse) MP3- - 大米盘- - 于是评分/2×2(笑
  • 顶端 Posted: 2009-05-09 01:24 | [楼 主]
    我来我网·5come5 Forum » 新货上架

    Total 0.016063(s) query 4, Time now is:04-25 22:15, Gzip enabled
    Powered by PHPWind v5.3, Localized by 5come5 Tech Team, 黔ICP备16009856号